龍江

龍江

「龍江」 (りゅうこう) は錦帯橋下流約400m、錦川が城山にぶつかって流れの向きを南西から南東に90度変える場所にできた淵です。

山が迫って昼間でも薄暗く、淵を見下ろすと青々とした水が悠々と流れています。また雨が降って川の水量が増すと、一転して渦を巻き、見つめていると吸い込まれそうに錯覚します。

明治時代ころまでは「吸江」または「汲江」と書いて「りゅうこう」と読んでいたようですが、いつの頃からか「龍江」と書くようになりました。

宇野千代は小説「おはん」で龍江を次のように描写しています。『龍江の崖つ淵へ抜けるまでの裏道は、昼も陽のささない山蔭でござりますのに』、『あのあたりは昼でも暗うござります。道をおほった大樹のあはひに、ただ一とこガス灯のともつてますのが、却って暗さをますよに思はれましてなア。』また登場人物には『ほんに、いつ見ても気味悪いとこや。』と言わせています。現に、大正時代に車道ができるまでは崖にごく狭い通路があっただけだそうで、実際ずいぶんと危険な場所だったのでしょう。

なお、2006年 (平成18年) の災害復旧工事で付近道路が拡幅されました。通行には便利になったものの、宇野千代が描写した薄暗い雰囲気は多少損なわれてしまいました。

車で訪れる場合、上河原駐車場か臨時駐車場より徒歩訪問をお勧めします。

料金 無料
定休日 なし (見学自由)
2010-10-1 現在

≫ 龍江付近の地図

詳細地図 ≫ (ゼンリンいつもナビ)

≫ 錦帯橋付近の駐車場情報

参考:「おはん」宇野千代著 新潮社、中國新聞 2004.3.12

錦帯橋宇野千代生家岩国学校校舎岩国城下町椎尾八幡宮西岩国駅舎|龍江|水西書院教蓮寺川西の桜トンネル

宇野千代の本 … 宇野千代について更に深く知りたい方に

  • おはん … 岩国の町を舞台に繰り広げられる頽廃的な恋愛物語
  • 薄墨の桜 … 薄墨の桜を背景に、数奇な運命を生きた女の人生を綴る
  • 幸福は幸福を呼ぶ―人生の叡知235篇 … 人生の知恵、そのエッセンス235篇を収録
  • 生きて行く私 … 明治〜平成を生き抜いてきた女流作家が波乱の人生行路を率直に綴る
  • 女の一生 … 美しく、凛々しく、幸せに生きていくことを、いま私たちに教えてくれる

書籍のリンクからは「Amazon.co.jp」にて購入できます。


▲ページ先頭へ