トップページ>

アクセス裏ワザ

混雑時のアクセス裏ワザ

「アクセス裏ワザ」について

4月上旬の花見シーズンの土日、5月5日の「日米親善デー」及び8月第一土曜日の「錦川水の祭典」の開催日は道路大渋滞のため錦帯橋へのアクセスが非常に困難となります。

混雑を回避する方法として、主に▼花見シーズン向けの裏ワザとなりますが、「日にちを変える」、「時間を変える」、また「アクセス手段やルートを変える」が考えられます。しかし、一般的とは異なる行動をとると、混雑や渋滞回避のメリットと同時に、何らかのデメリットも感じられるかもしれません。

すなわち「裏ワザ」とは、多くの方々とは違った行動をとることによるデメリットは甘受しつつ、少しでも混雑を回避しようとする方法です。

このページでは、大混雑が予想されるイベントごとに、「裏ワザ」のありなしを含めて、少しでも回避できそうな方法を具体的にご紹介します。

なお、公共交通機関を利用する通常のアクセス方法は、「錦帯橋へのアクセス (公共交通機関利用) 」をご覧ください。

混雑状況によっては、説明通りにならないことも考えられます。予めご了承ください。

5月5日「日米親善デー」

会場へのアクセス ※マイカーでの来場は困難です。

「日米親善デー」開催される5月5日は、市内幹線道路が早朝より渋滞します。マイカーで会場に直接入られる場合、朝早くお越しになるのが一番です。昼近くなると混雑のため、入場自体が困難になります。抜道や裏技は残念ながらありません。 2015年以降はマイカー等の駐車場がありません。基地周辺は前日より広範囲に交通規制が行われ、車では基地に近づくことすら困難です。JRやバスなど公共交通機関のご利用を強くお勧めします。アクセス方法詳細は「日米親善デー」に掲載しています。

遠方からのお越しは、前日に岩国市内でお泊まりになるのが無難です。しかし、大勢の人出に見合うほど、宿泊施設の数は多くないため、ご予約の場合はお早めに。 ≫ 岩国宿泊ガイド

≫ 岩国駅までのアクセス
イベント情報 : ≫ 日米親善デー

錦帯橋へのアクセス

5月5日は市内幹線道路が早朝より渋滞するため、午前中を中心に、JR新岩国駅や岩国ICから錦帯橋へのアクセスは困難です。午前中は、JR岩国駅からバスやタクシーの利用が無難です。(JR岩国駅から錦帯橋方面は、米軍基地に向かうのとは逆方向になります。)

午後になると、JR新岩国駅や岩国ICから、錦帯橋方面への混雑は緩和します。逆にJR岩国駅から錦帯橋へは、米軍基地から岩国ICに向かう車と重なり混雑します。

2015年以降は、基地へのマイカー乗り入れが中止されたためか、錦帯橋方面では、極端な道路渋滞は発生しなくなっています。

≫ 岩国駅までのアクセス
≫ 岩国宿泊ガイド

混雑状況によっては、説明通りにならないことも考えられます。予めご了承ください。

8月第一土曜日「錦川水の祭典」

8月第一土曜日の錦帯橋花火大会「錦川水の祭典」は、午後より錦帯橋へ向かう道路が渋滞し、特に夕方近くなると、マイカーでの来場は困難になります。もちろん午前中にお越しになれば、大渋滞は回避できます。アクセス方法詳細は「錦川水の祭典」に掲載しています。

公共交通機関を利用される場合は、「▼花見シーズン」のアクセス方法のうち「アクセス手段やルートを変える」をご参考にどうぞ。ただし夕方になるとタクシー利用でも混雑は避けられません。

イベント情報 : ≫ 錦川水の祭典

混雑状況によっては、説明通りにならないことも考えられます。予めご了承ください。

3月下旬〜4月上旬「花見シーズン」

3月下旬から4月上旬の花見シーズン土日に、マイカーでお越しになる場合は「朝早く」 (9時到着が目安) に勝る方法はありません。

しかし、公共交通機関を利用すると、土日の昼間でも、楽しみながら意外と短時間で到着する方法も考えられます。なお、路線バスは交通渋滞に巻き込まれますので、土日昼間の利用には向きません。

混雑状況によっては、説明通りにならないことも考えられます。予めご了承ください。

日にちを変える

人出の多い土日を避け、平日に出かけます。さすがに現地は少々混雑するものの、土日に比べると格段にゆったりしています。道路のひどい渋滞にはたぶん遭わなくてもすむでしょう。

時間を変える

人出の多い午前10時〜夕方の時間帯を避け、早朝に出かけて早めに帰る、または、夕方から夜桜見物に出かけます。

早めの時間に出かける場合、おおむね午前8時30分くらいまでに到着すれば、土日でも駐車場にスムーズに入れるでしょう。また、昼前くらいには帰路につけば、到着する車で混雑しはじめた反対車線を横目に、たぶん快適なドライブになるでしょう。

夜桜の場合、夕暮れ時になると、帰路につく車の方が多くなりますので、駐車場には比較的スムーズに入れるでしょう。錦帯橋は午後10時までライトアップされています。

アクセス手段やルートを変える

岩国駅よりタクシーで≫ 岩国駅までのアクセス

JR岩国駅よりタクシーに乗車し、行き先を「錦帯橋のなるべく近くまで」と伝えてください。タクシー乗務員は裏道に精通していますから、案外短時間で錦帯橋まで数百メートルの岩国城下町あたりまでは到着できると思います。混雑し始めたら車を降り、のんびりと散策しながら錦帯橋へどうぞ。
※乗車距離:約4〜5km

新岩国駅よりタクシーで≫ 新岩国駅までのアクセス

新幹線・JR新岩国駅よりタクシーに乗車し、行き先を「千石原 (せんごくばら) を通って錦帯橋のなるべく近くまで」と伝えてください。昼ごろでも錦帯橋まで約1〜1.5km位 (徒歩15〜20分程度) の千石原あたりまでは行くことができると思います。千石原から錦帯橋までは桜のトンネルが続いています。渋滞し始めたら車を降り、のんびり桜のトンネルを散策しながら錦帯橋へどうぞ。
※乗車距離:約5〜6km

千石原あたりの地図 ≫ (ゼンリンいつもナビ)

川西駅より徒歩で(約2km弱、ゆっくり歩いて30〜40分) ≫ 地図

川西駅は、JR岩国駅から岩徳線または錦川清流線に乗車して2駅目、JR新岩国駅から徒歩約5分の錦川清流線・清流新岩国駅から岩国行に乗車して1駅です。
列車の乗り換えや、多少歩くことが必要ですが、徒歩区間にも立派な桜並木があり、しかも、さほど混雑しませんので、天気さえ良ければ、気持ちよく散策できるでしょう。

錦帯橋に一番近い駅、JR川西駅で下車してください。
写真は川西駅ホームの中央部より岩国方向を見ています。左側の下へ降りる階段が出口です。
≫ 川西駅までのアクセス


駅の階段を下りて、右側へまっすぐ進みます。


歩道橋を一番向こうまで渡ります。


線路の土手下に沿って進みます。(右側が線路の土手)


鉄橋の下をくぐって左手に進みます。なお写真正面は水西書院の塀です。


再び鉄橋の下をくぐって錦川の土手に上がります。


土手にある川西の桜トンネルを通り抜けると、臥龍橋のたもとに出ます。


臥龍橋の上からは錦帯橋が見えています。
ここより、左へ進んで龍江を通って行くか、右へ進んで岩国城下町を通って行くか、お好みでどうぞ。

ここまでの地図 ≫


川西駅から岩国城下町経由で錦帯橋へ向かうルートの詳細

大きな地図で見る ≫ (Googleマップ)


川西駅から龍江経由で錦帯橋へ向かうルートの詳細

大きな地図で見る ≫ (Googleマップ)


詳しい地図 … 書籍のリンクからは「Amazon.co.jp」にて購入できます

お役立ち情報

岩国宿泊ガイド

主な旅館・ホテル・ビジネスホテルをご紹介。ネット予約も可能です。

花見シーズン交通規制情報

ニッポンレンタカー

岩国錦帯橋空港内およびJR岩国駅から約500mに営業所があります。岩国営業所はJR岩国駅から送迎もあります。

タイムズカーレンタル (旧マツダレンタカー)

岩国錦帯橋空港内およびJR岩国駅から約400mに営業所があります。

おすすめ書籍 (関連サイト「錦帯橋の四季」)

錦帯橋や岩国の観光について更に深く知りたい方に

飲食店等 … Yahoo!ロコへのリンク



▲ページ先頭へ