宇野千代生家

正面から眺める

千代が愛した薄墨桜

新緑の庭

「宇野千代生家」 (うのちよせいか) は明治期の建物で、1974年 (昭和49年) には宇野千代本人により、ほぼ昔のままに修復されました。

約300坪の敷地内の広い庭には千代の好んだモミジが多数植えられ、新緑や紅葉は格別の美しさです。

また小説「薄墨の桜」のモデルになった、岐阜県根尾村(現、本巣市)の樹齢1500年の老樹「薄墨桜」に由来する「薄墨桜」3本が春を彩ります。

2007年 (平成19年) には国の登録有形文化財に指定され、現在、NPO法人「宇野千代生家」により一般公開されています。

生家の前の道路は旧街道 (山陽道) で、狭くカーブが多い道です。駐車場も生家の横に3台、少し離れた場所に6台分しかありませんので、車で訪ねるのはあまりお勧めできません。錦帯橋付近の駐車場からの徒歩訪問をお勧めします (下河原駐車場より約1.3km)。

公開時間 10:00〜16:00
休館日 火曜日・盆・年末年始
入館料 高校生以上 300円
小中学生 100円
問合せ 宇野千代生家
TEL (0827) 43-1693
2012-9-1 現在

≫ 宇野千代生家付近の地図

詳細地図 ≫ (ゼンリンいつもナビ)

川西駅時刻表 ≫ (JRおでかけネット)

≫ 錦帯橋付近の駐車場情報

参考:岩国市観光パンフレット

※ このページの文章は「いわくに暮らしのガイドブック」 (平成23年11月 岩国市発行) に提供しています


宇野千代グッズ ≫ (楽天市場)

宇野千代の本 … 宇野千代について更に深く知りたい方に

  • おはん … 岩国の町を舞台に繰り広げられる頽廃的な恋愛物語
  • 薄墨の桜 … 薄墨の桜を背景に、数奇な運命を生きた女の人生を綴る
  • 幸福は幸福を呼ぶ―人生の叡知235篇 … 人生の知恵、そのエッセンス235篇を収録
  • 生きて行く私 … 明治〜平成を生き抜いてきた女流作家が波乱の人生行路を率直に綴る
  • 女の一生 … 美しく、凛々しく、幸せに生きていくことを、いま私たちに教えてくれる

書籍のリンクからは「Amazon.co.jp」にて購入できます。


▲ページ先頭へ