苔華庭

「苔華庭」 (たいかてい) は造園業を営む黒川義信氏が、モデル庭園として10年かけて作り上げた庭園です。

苔と砂利で構成された枯山水形式の庭園は約600坪の広さがあり、毎年5月になると江戸キリシマツツジとシャクナゲが咲き誇ります。

苔華庭は個人庭園とは言え、規模や充実度など、有名な庭園に勝るとも劣りません。

その庭園が、2014年より、ゴールデンウイーク時期に限り、一般公開されるようになりました。

車で訪れる場合、広くはありませんが無料駐車場があります。

現地(岩国市相ノ谷)に向かう道路は、3ルートあるものの、いずれも離合困難な箇所の多い山道です。運転には細心の注意が必要です。

その中では、錦川清流線の北河内駅前から二鹿地区を経由するルートが、狭隘区間の距離が一番短く(二鹿から相ノ谷まで約2km)、比較的行きやすいと思われます。ただし、5月3日は二鹿地区でマラソン大会が開催されるため、このルートはお勧めできません。

公共交通機関を利用する場合、最寄駅は錦川清流線の北河内駅ですが、現地まで約6km離れています。この区間に路線バス等はありません。

料金 300円 (小学生以下無料)
公開日 2016年4月29日〜5月5日
10:00〜16:30 (最終入場時間16:15)
※時期限定公開
問合せ 苔華庭 TEL (0827) 47-2513
黒川造園 TEL (0827) 22-0359
2016-4-29 現在

≫ 岩国市内広域地図

詳細地図 ≫ (ゼンリンいつもナビ)


参考:苔華庭ホームページ
苔華庭一般公開のご案内(2014年)


▲ページ先頭へ