山口県最高峰の寂地山 (標高1337m) を源とする宇佐川上流の寂地川には、落差200mを連続して流れ落ちる5つの滝があります。

上から順に、竜頭、竜門、白竜、登竜、そして、上段15m下段5mの段瀑となっている竜尾の滝があり、それを総称して「寂地峡五竜の滝」と言います。

「寂地峡五竜の滝」は1990年 (平成2年) に環境省の「日本の滝百選」に選ばれている名瀑です。

また寂地川も1985年 (昭和60年) に環境省の「名水百選」に選ばれている清流です。そして、寂地峡全体は1969年 (昭和44年) に指定された西中国山地国定公園に含まれています。

「五竜の滝」は遊歩道が整備されており、5つの滝をゆっくりでも一時間程度で回れます。

遊歩道の最上部からは、ブナ原生林の残る寂地山への登山道が通じており、そちらに歩を進めることもできます。ゴールデンウイーク頃には、登山道脇でカタクリの花も見られます。ただし、寂地山へは本格的な登山の準備でお越しください。

キャンプ場も整備されており、夏は涼を求める人でにぎわいます。清流は真夏でも驚くほど冷たく、しばし暑さを忘れるほどです。

地域一帯の標高は450mを越えており、冬季には積雪も多い地域です。雪に埋もれる滝は大変魅力的ですが、遊歩道は除雪されませんので、探勝には細心の注意が必要です。

公共交通機関は実質ありませんので、必然的にマイカー利用となります。峡谷入口に無料駐車場が整備されています。

料金 無料
定休日 なし
(※冬季は除雪されません)
2012-7-1 現在

≫ 岩国市内広域地図

詳細地図 ≫ (ゼンリンいつもナビ)

参考:岩国市ホームページ、現地観光案内板


▲ページ先頭へ