岩国徴古館

観覧時間 9:00〜17:00 (入館は16:30まで)
料金 無料
定休日 ・月曜日(祝日のときは翌日)
・祝日
・12月28日〜1月5日
・展示替えによる臨時休館
問合せ 岩国市教育委員会文化財保護課
TEL(0827)41-0452
2013-3-1 現在

「岩国徴古館」 (いわくにちょうこかん) は1945年 (昭和20年) に完成した石造り風の重厚な建物です。

正面玄関に並ぶ角柱や、錦帯橋をモチーフにしたと思われる内装デザインなどに際立つ特徴があります。

戦時中の建築で、構造体はレンガ造りですが、資材にも制約がある中、不足する鉄に替えて竹を用いた「竹筋コンクリート」が使われたとも言われています。

その時代を感じさせない設計はすばらしく、1998年 (平成10年) 1月には岩国市の登録有形文化財となっています。

館内の展示品は、吉川家ゆかりの文書、歴史資料、美術工芸品などの他に、錦帯橋コーナーとして、1950年 (昭和25年) にキジア台風で流失した当時の錦帯橋の欄干や、精巧に作られた模型なども常設展示されています。

建物の前庭はボタン園となっており、例年4月末〜5月はじめには色とりどりに咲き乱れます。

≫ 岩国徴古館付近の地図

≫ 駐車場情報

参考:岩国市ホームページ、岩国市観光パンフレット


▲ページ先頭へ