洞泉寺

  • 臥龍梅越しに見る門

  • 門前の白梅

  • 満開の臥龍梅

料金 無料
定休日 なし (見学自由)
問合せ TEL (0827) 41-0876
2013-3-1 現在

岩国藩5ヶ寺の筆頭であった曹洞宗「洞泉寺」 (とうせんじ)紅葉谷公園の一角にあります。

1450年 (宝徳2年) 、吉川経信が芸州新庄 (現、広島県山県郡北広島町) に創立した盤目山洞仙寺をルーツとし、1603年 (慶長8年) 、当地に移設された際に「洞泉」の字を当てたと言われています。

樹齢300年を越える枝垂れ梅「臥龍梅」 (がりょうのうめ) をはじめ、梅の古木が約10本あり、土塀や門とともに落ち着いた景観を見せています。

2月下旬から3月中旬の梅の時期には観光客で賑わいますが、それ以外の時期はいつもひっそりと静まり返っています。

なお、大変残念なことに2004年 (平成16年) 9月の台風21号により、梅の幹や枝が折れる被害が発生し、風情ある景観がかなり損なわれました。下左写真の門前の梅も、だいぶ樹形が変わっています。その後、新しい枝もだいぶ伸び、現在では、落ち着いた風情を取り戻しつつあります。

≫ 洞泉寺付近の地図

≫ 駐車場情報

参考:岩国市ホームページ、岩国市観光パンフレット、観光案内板

六角亭|洞泉寺|吉川家墓所紅葉谷公園岩国美術館ロープウエイ岩国城吉香公園目加田家白山比盗_社日本庭園錦雲閣吉香神社花菖蒲園岩国徴古館香川家長屋門吉川史料館錦帯橋鵜飼い桜のトンネルバスセンター吉香茶室褒忠社永興寺錦川の竹林城山登山道


▲ページ先頭へ